お知らせ

12.12017

「鶴ヶ島市見守りネットワーク運営会議」に参加してきました

 平成29年11月25日(土)、埼玉県鶴ヶ島市にて行われた「鶴ヶ島市見守りネットワーク運営会議」に参加してきました。鶴ヶ島市は、どこシル伝言板®をご導入いただき、平成29年7月より「徘徊高齢者見守りシール配付事業」として事業を開始しております。 当日は鶴ヶ島市役所会議室にて行われ、弊社は導入業者として参加させていただきました。

鶴ヶ島市役所
会場内の様子
高齢者福祉課 須沢課長によるご挨拶と
ネットワーク活動状況報告
消費者被害情報の提供

 当日は、高齢者福祉課須沢課長によるご挨拶から始まり、消費生活センター 相談員小澤様による最近の消費者被害の状況報告が行われました。その後、高齢者福祉課 主査木村様より高齢者見守りシール配付事業につきまして事業導入の経緯などの説明がありました。

徘徊高齢者見守りシール導入の経緯を説明
弊社日髙によるどこシル伝言板の説明

 弊社日髙による徘徊高齢者見守りシール(どこシル伝言板)の説明の後、グループごと(1グループを6~7人×10班)に、声かけ訓練を行いました。参加者は認知症高齢者役(弊社スタッフも認知症高齢者役を努めさせていただきました)への声かけを体験しました。参加者は、単に声をかけるだけではなく、情報を聞き出したり、無事保護につながるような会話を意識するなど、実際のケースを想定し行いました。また、見守りシールのQRコードを読み取り、送付されるメールの確認や入力方法など実際に体験していただきました。

グループに分かれ声かけ訓練開始
参加者が徘徊者役に声をかけます
スマートフォンでシールのQRコードを読み取ります
待機中にどこシル伝言板をご説明
声かけ訓練の振り返り
QRコード読み取り確認用に貼付例を展示

過去の記事

  1. 3.132022

    【掲載情報/山形県/山形新聞】山形県内の取り組みとして紹介されました

     山形新聞(2022年3月13日掲載)にて、山形県内でのICT(情報通信技術)を活用し、早期発見に向...

  2. 3.122022

    【掲載情報/さいたま市/埼玉新聞】どこシル伝言板導入の記事が掲載されました

     埼玉新聞(2022年3月12日掲載)にて、埼玉県さいたま市で導入となりました「さいたま市認知症高齢...

  3. 2.142022

    【掲載情報/長野県諏訪市/信濃毎日新聞】見守りシール配付として掲載されました

     信濃毎日新聞(2022年2月13日掲載)にて、長野県諏訪市で導入している見守りシール事業(認知症高...

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!