お知らせ

2.152018

【更新情報】みまも郎®安否確認システムの早期購入キャンペーン実施中

平成30年度 介護報酬改定に向けたご準備はお済みですか?

平成30年度の介護報酬改定において、介護ロボットの活用が大きく取り上げられています。 厚生労働省の実証結果によると、これらの機器を適正な業務支援として運用することは入所者様・職員様にとっての負担軽減・事故件数の減少の効果に繋がるとされています。

無線センサー『アーミン®』シリーズを活用した『みまも郎® 安否確認システム』は、
介護の現場において【どのように使うか】に着目して開発した見守り機器です。
今回ご案内する無線センサー『アーミン®』は、小型・軽量・配線工事不要・約10年間の電池交換不要でメンテナンスフリーな機器です。機器設置・移設・追加なども容易です。
また、『みまも郎®』はセンサーによる検知結果をメールに送信する簡略化されたシステムですので取り扱いも容易で、システム利用料は月額0円です。

来年度からの導入に向けて、3月末までの早期ご購入キャンペーンもご用意いたしましたので、是非ともこの機会にご検討いただけましたら幸甚です。

※『アーミン®』『みまも郎®』はアイテック株式会社の登録商標です

【詳細ページ】
みまも郎Ⓡ安否確認システム
https://mirai-town.com/product/mimamoricensor/

過去の記事

  1. 5.102018

    【掲載情報】北鹿新聞で大館市導入の「どこシル伝言板®」が紹介されました

    北鹿新聞(2018年5月10日掲載)において、秋田県大館市で昨年より導入している認知症高齢者保護情報...

  2. 5.12018

    【掲載情報】朝日新聞デジタルで亀山市導入の「どこシル伝言板®」が取り上げられました

    朝日新聞デジタル(2018年4月27日掲載)において、三重県亀山市で導入となった認知症高齢者保護情報...

  3. 4.282018

    【掲載情報】南アルプス市導入の「どこシル伝言板®」が毎日新聞で紹介されました

    毎日新聞(2018年4月28日掲載)において、山梨県南アルプス市で導入となる認知症高齢者保護情報共有...

ページ上部へ戻る