お知らせ

6.262017

河北新報に取り上げられました

河北新報(2017年6月24日掲載)において、認知症高齢者保護情報共有サービス『どこシル伝言板®(特許出願中)』が取り上げられました。宮城県石巻市は徘徊高齢者SOSネットワーク事業の一環として、どこシル伝言板®を採用していただき、2017年6月より運用開始されています。

【掲載情報】
河北新報(2017年6月24日号) 「徘徊高齢者 QRコードで早期発見」

過去の記事

  1. 11.82021

    【広島県海田町】広島県DX推進コミュニティで事例紹介されました

     広島県DX推進コミュニティ(広島県内の産学金管連携によりデジタルトランスフォーメーション(DX)を...

  2. 11.12021

    【新潟市江南区】声かけ模擬訓練が開催されました[認知症]

     2021年10月31日(日)、新潟市江南区にて『令和3年度 江南区まち歩き声かけ見守り模擬訓練 i...

  3. 10.252021

    【掲載情報/富山県高岡市/中日新聞】どこシル伝言板導入の記事が掲載

     中日新聞(2021年10月25日掲載)にて、認知症高齢者・障がい者等保護情報共有サービス『どこシル...

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!