お知らせ

6.262017

河北新報に取り上げられました

河北新報(2017年6月24日掲載)において、認知症高齢者保護情報共有サービス『どこシル伝言板®(特許出願中)』が取り上げられました。宮城県石巻市は徘徊高齢者SOSネットワーク事業の一環として、どこシル伝言板®を採用していただき、2017年6月より運用開始されています。

【掲載情報】
河北新報(2017年6月24日号) 「徘徊高齢者 QRコードで早期発見」

過去の記事

  1. 12.212020

    【調印式/栃木県栃木市】栃木市見守り協定調印式に出席しました

    栃木県栃木市と東邦薬品㈱栃木市地域見守り事業に関する協力事業者協定調印式が行われました ...

  2. 12.152020

    【静岡県沼津市】認知症高齢者・QRコード見守り声掛け模擬訓練

    J3 アスルクラロ沼津も協力!認知症高齢者・QRコード見守り声掛け模擬訓練が行われました ...

  3. 12.142020

    【調印式/栃木県高根沢町】 高根沢町地域見守りネットワーク事業協定書調印式に出席

    栃木県高根沢町と東邦薬品㈱の地域見守りネットワーク事業協定書調印式が行われました  栃木県...

ページ上部へ戻る