お知らせ

8.42020

【掲載情報/静岡県伊東市】「伊豆新聞」にてどこシル伝言板®が取り上げられました

「伊豆新聞」(2020年8月4日掲載)において、静岡県伊東市で導入となりました、認知症高齢者・障がい者等保護情報共有サービス『どこシル伝言板®(特許出願中)』の導入説明会の模様が取り上げられました。

記事内には、 QRコードを読み取るだけで自動的に保護者に発見情報が伝わる仕組みであること、静岡県内の各自治体で導入が進められていることなど、詳細にご紹介いただきました。

静岡県伊東市は2020年6月よりどこシル伝言板の運用を開始しております。

【掲載情報】
「伊豆新聞」(2020年8月4日掲載)
「認知症高齢者 QRで早期発見へ 市「見守りネット」始動」

■静岡県伊東市
伊東市高齢者あんしん見守りネットワーク事業
https://www.city.ito.shizuoka.jp/gyosei/soshikikarasagasu/
koreishafukushika/kenko_fukushi/3/3/8457.html

過去の記事

  1. 10.152021

    【テレビ放映予定】富山県氷見市導入 どこシル伝言板放映予定

     どこシル伝言板を導入している富山県氷見市がNHK(富山)にて取り上げられることになりました。202...

  2. 10.82021

    【掲載情報/富山・石川/中日新聞】どこシル伝言板導入自治体が紹介されました

     中日新聞(2021年10月8日掲載)にて、認知症高齢者・障がい者等保護情報共有サービス『どこシル伝...

  3. 10.82021

    【掲載情報/氷見市/富山新聞・北日本新聞】どこシル伝言板導入の記事が掲載

     北日本新聞(2021年10月7日掲載)と富山新聞(2021年10月8日掲載)にて、認知症高齢者・障...

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!