お知らせ

12.212020

【調印式/栃木県栃木市】栃木市見守り協定調印式に出席しました

栃木県栃木市と東邦薬品㈱
栃木市地域見守り事業に関する
協力事業者協定調印式が行われました

 栃木市では、高齢者や障がい者などの支援を必要とする方々の孤立化・孤独死を防ぎ、住み慣れた地域で、いつまでも安心して暮らしていけるよう、高齢者等の生活や支援に関わる地域の様々な団体・関係機関と協力し、多様な力で高齢者を見守り、支えていく体制の構築を目指しています。 この度、東邦薬品株式会社 栃木営業所が事業者として協力させていただくことになりました。

 令和2年12月18日(金)に行われた調印式へは、東邦薬品栃木営業部 魵澤営業部長、東邦薬品栃木営業所 田口所長と地域医療連携室 日髙にて出席して参りました。

 地域にお住まいの認知症の方やそのご家族 が安心して暮らしていけるよう、共創未来グループは温かく見守ってまいります。

調印
調印が滞りなく行われました
栃木営業所長と大川市長
東邦薬品栃木営業所 田口所長と栃木市 大川市長
東邦薬品と大川市長で記念撮影
左から東邦薬品 栃木営業部 魵澤営業部長、田口所長、栃木市 大川市長、日髙

※今回の見守り協定調印式の模様は下野新聞(2020年12月19日(土)発行)紙面にも掲載されました。

過去の記事

  1. 4.92021

    【掲載情報/富士市】「静岡新聞」にてどこシル伝言板®が取り上げられました

     「静岡新聞」(2021年4月9日掲載)において、静岡県富士市にて導入の認知症高齢者・障がい者等保護...

  2. 4.22021

    【掲載情報/南魚沼市】「新潟日報」にてどこシル伝言板®が取り上げられました

     「新潟日報」(2021年4月1日掲載)において、新潟県魚沼市にて導入の認知症高齢者・障がい者等保護...

  3. 4.12021

    【掲載情報/鹿角市】「米代新報」にてどこシル伝言板®が取り上げられました

    「米代新報」(2021年3月29日掲載)において、秋田県鹿角市にて導入予定の認知症高齢者・障がい者等...

ページ上部へ戻る