お知らせ

4.22021

【掲載情報/南魚沼市】「新潟日報」にてどこシル伝言板®が取り上げられました

 「新潟日報」(2021年4月1日掲載)において、新潟県魚沼市にて導入の認知症高齢者・障がい者等保護情報共有サービス『どこシル伝言板®(特許出願中)』が取り上げられました。

南魚沼市では今年4月に導入、事業をスタートしています。
これまで認知症による行方不明で発見まで時間を要したケースもあったそうです。どこシル伝言板のラベルシールで行方不明の可能性があることがわかるので、早期発見につながればと思います。

 地域に住む皆様が安心して暮らせるよう、これからも共創未来グループは一丸となってサポートして参ります。

【掲載情報】 新潟日報(2021年4月1日掲載)
「見守りシールで早期保護 行方不明の認知症高齢者 /南魚沼市」

過去の記事

  1. 3.132022

    【掲載情報/山形県/山形新聞】山形県内の取り組みとして紹介されました

     山形新聞(2022年3月13日掲載)にて、山形県内でのICT(情報通信技術)を活用し、早期発見に向...

  2. 3.122022

    【掲載情報/さいたま市/埼玉新聞】どこシル伝言板導入の記事が掲載されました

     埼玉新聞(2022年3月12日掲載)にて、埼玉県さいたま市で導入となりました「さいたま市認知症高齢...

  3. 2.142022

    【掲載情報/長野県諏訪市/信濃毎日新聞】見守りシール配付として掲載されました

     信濃毎日新聞(2022年2月13日掲載)にて、長野県諏訪市で導入している見守りシール事業(認知症高...

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!