お知らせ

9.142021

【掲載情報/秋田県内/秋田魁新報】秋田県内の認知症施策として紹介

 「秋田魁新報」(2021年9月12日掲載)において秋田県内の認知症施策として、認知症高齢者・障がい者等保護情報共有サービス『どこシル伝言板®(特許出願中)』を導入している由利本荘市の取り組みが紹介されています。
 由利本荘市を含め、現在秋田県内では6自治体の導入しております。

【掲載情報】
秋田魁新報(2021年9月12日掲載)
『県内行方不明者減少傾向でも 認知症の割合高止まり 官民、見守り活動促進』

過去の記事

  1. 1.192022

    【山形県遊佐町】認知症サポーター講習でどこシル伝言板紹介

     2021年12月にどこシル伝言板をご導入いただいている山形県遊佐町で啓発活動が進んでいます。先日...

  2. 12.202021

    【掲載情報/長野県諏訪市/長野日報】見守りシール(どこシル伝言板)事業紹介

     長野日報(2021年12月20日掲載)にて、長野県諏訪市で導入している見守りシール事業(認知症高齢...

  3. 12.22021

    【掲載情報/岐阜県各務原市/中日新聞】障がい者向け どこシル伝言板

     中日新聞(2021年12月2日掲載)にて、各務原市にて導入となりました 認知症高齢者・障がい者等保...

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!