お知らせ

9.142021

【掲載情報/秋田県内/秋田魁新報】秋田県内の認知症施策として紹介

 「秋田魁新報」(2021年9月12日掲載)において秋田県内の認知症施策として、認知症高齢者・障がい者等保護情報共有サービス『どこシル伝言板®(特許出願中)』を導入している由利本荘市の取り組みが紹介されています。
 由利本荘市を含め、現在秋田県内では6自治体の導入しております。

【掲載情報】
秋田魁新報(2021年9月12日掲載)
『県内行方不明者減少傾向でも 認知症の割合高止まり 官民、見守り活動促進』

過去の記事

  1. 6.292022

    【掲載情報/新城市/東愛知新聞】どこシル伝言板(見守り安心シール)導入の記事掲載

     愛知県新城市で2022年6月28日より事業開始した「見守り安心シール(どこシル伝言板®」の...

  2. 6.152022

    【掲載情報/糸魚川市/新潟日報】どこシル伝言板導入の記事が掲載されました

     新潟県糸魚川市で2022年6月より事業開始しております「認知症高齢者等見守りシール交付事業(どこシ...

  3. 5.212022

    【掲載情報/糸魚川市/上越タイムス】どこシル伝言板導入の記事が掲載されました

     上越タイムス(2022年5月21日掲載)にて、新潟県糸魚川市で導入となりましたどこシル伝言板の記事...

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!