お知らせ

3.132022

【掲載情報/山形県/山形新聞】山形県内の取り組みとして紹介されました

 山形新聞(2022年3月13日掲載)にて、山形県内でのICT(情報通信技術)を活用し、早期発見に向けた取り組みとして「どこシル伝言板」が取り上げられました。
新聞紙面・WEB版共に掲載されております。
山形県内は、酒田市、庄内町、高畠町、鶴岡市、中山町、米沢市、遊佐町で導入しております。

過去の記事

  1. 12.12022

    【掲載情報/伊東市/伊豆新聞】伊東市・伊東駅主催の認知症高齢者見守り訓練

     どこシル伝言板Ⓡを導入している伊東市が、伊東駅と主催して「認知症高齢者見守り訓練」を開催いたしまし...

  2. 11.302022

    【掲載情報/ABS秋田放送】横手市の声かけ訓練がテレビ放映されました

     秋田県横手市の「あんしん見守りシール」を使用した声掛け訓練の模様がテレビ放映されました。取り上げ...

  3. 11.302022

    【掲載情報/横手市/秋田魁新報】どこシル伝言板Ⓡを利用した声かけ訓練

     2021年4月より事業を開始している秋田県横手市の「あんしん見守りシール」を使用した声掛け訓練の模...

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!