お知らせ

11.72017

東京都小平市で行われる「こだいら認知症フォーラム2017」に参加します

東京都小平市で平成29年11月18日(土)に行われる「こだいら認知症フォーラム2017 ~認知症を知り、地域で支えあう」に株式会社みらい町内会も参加します。認知症に関する講演講演や小平市の認知症に関する取り組みの発表、シンポジウムも行われます。当日は「おでかけ見守りシール(どこシル伝言板®」のデモンストレーションも行います。

【フォーラム概要】

◇こだいら認知症フォーラム2017 ~認知症を知り、地域で支えあう~

【内容】 基調講演 「認知症になっても、安心して暮らしたい」
講師:認知症介護研究・研修東京センター 研究部部長 永田久美子氏
小平市の認知症に関する取り組みの発表
シンポジウム「認知症の本人と家族の思いを知り、地域で何ができるか考える」
シンポジスト:医師・グループホーム・家族会会員・地域包括支援センター・地域包括ケア推進担当課長
【会場】 福祉会館5階市民ホール
【対象】 市内在住・在勤・在学の方
【定員】 200人
【申込先】 10月20日~
地域包括支援センター中央センター(基幹型)電話042-345-0691
高齢者支援課地域支援担当 電話042-346-9539

詳細はこちら→ [小平市]こだいら認知症週間を開催します
こだいら認知症フォーラム2017のご案内[PDF 252KB]

過去の記事

  1. 7.122019

    【掲載情報/関市】「朝日新聞デジタル」にてどこシル伝言板®が取り上げられました

    「朝日新聞デジタル」(2019年7月12日掲載)において、認知症高齢者・障がい者等保護情報共有サービ...

  2. 7.52019

    【掲載情報/沼津市】「@エス 静岡新聞SBS」にて認知症高齢者への声掛け訓練の様子が掲載されました

    認知症高齢者・障がい者等保護情報共有サービス『どこシル伝言板®(特許出願中)』を導入している沼津市で...

  3. 6.302019

    【掲載情報/関市】「中日新聞」にてどこシル伝言板®が取り上げられました

    「中日新聞 CHUNICHI Web」(2019年6月30日掲載)において、認知症高齢者・障がい者等...

ページ上部へ戻る