お知らせ

7.292020

【掲載情報/和歌山県橋本市】「朝日新聞DIGITAL」にてどこシル伝言板®が取り上げられました

「朝日新聞DIGITAL」(2020年7月29日掲載)において、和歌山県橋本市で導入となりました、認知症高齢者・障がい者等保護情報共有サービス『どこシル伝言板®(特許出願中)』の導入説明会の模様が取り上げられました。

記事内には、伝言板サイトを介して発見者が家族ら保護者と匿名でやりとりができる仕組みであること、ご本人のニックネームや病歴、接する時の注意点などが表示されるということなど、詳細にご紹介いただきました。

和歌山県橋本市は2020年7月よりどこシル伝言板の運用を開始しております。

【掲載情報】
朝日新聞朝日新聞DIGITAL」(2020年7月29日掲載)
「和歌山)見守りシール 発見者が家族に連絡可能に 橋本」

■和歌山県橋本市
行方不明になるおそれのある人に「見守り・安心シール」を配布します
http://www.city.hashimoto.lg.jp/guide/kenko_fukushibu/ikiiki_kenko/ninchisyou/1463555696774.html

過去の記事

  1. 3.132022

    【掲載情報/山形県/山形新聞】山形県内の取り組みとして紹介されました

     山形新聞(2022年3月13日掲載)にて、山形県内でのICT(情報通信技術)を活用し、早期発見に向...

  2. 3.122022

    【掲載情報/さいたま市/埼玉新聞】どこシル伝言板導入の記事が掲載されました

     埼玉新聞(2022年3月12日掲載)にて、埼玉県さいたま市で導入となりました「さいたま市認知症高齢...

  3. 2.142022

    【掲載情報/長野県諏訪市/信濃毎日新聞】見守りシール配付として掲載されました

     信濃毎日新聞(2022年2月13日掲載)にて、長野県諏訪市で導入している見守りシール事業(認知症高...

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!