お知らせ

7.312020

【掲載情報/岐阜県多治見市】「多治見市広報誌」にてどこシル伝言板®が取り上げられました

岐阜県多治見市広報誌において、多治見市で導入となりました、認知症高齢者・障がい者等保護情報共有サービス『どこシル伝言板®(特許出願中)』が取り上げられました。

記事内には、認知症高齢者等みまもりシール交付事業の紹介に加え、認知症の方を地域で支援する取り組みについて詳しくご紹介されています。

岐阜県多治見市は2020年7月よりどこシル伝言板の運用を開始しております。

【掲載情報】
多治見市広報誌8月号
「認知症の人が安心して暮らせる まちを目指して」

過去の記事

  1. 3.132022

    【掲載情報/山形県/山形新聞】山形県内の取り組みとして紹介されました

     山形新聞(2022年3月13日掲載)にて、山形県内でのICT(情報通信技術)を活用し、早期発見に向...

  2. 3.122022

    【掲載情報/さいたま市/埼玉新聞】どこシル伝言板導入の記事が掲載されました

     埼玉新聞(2022年3月12日掲載)にて、埼玉県さいたま市で導入となりました「さいたま市認知症高齢...

  3. 2.142022

    【掲載情報/長野県諏訪市/信濃毎日新聞】見守りシール配付として掲載されました

     信濃毎日新聞(2022年2月13日掲載)にて、長野県諏訪市で導入している見守りシール事業(認知症高...

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!