お知らせ

8.12020

【掲載情報/山形県鶴岡市】「鶴岡市広報誌」にてどこシル伝言板®が取り上げられました

山形県鶴岡市広報誌「広報つるおか」において、鶴岡市で導入となりました、認知症高齢者・障がい者等保護情報共有サービス『どこシル伝言板®(特許出願中)』が取り上げられました。

記事内には、「認知症になっても安心して暮らせるまち」として特集が組まれ、ひとつの取り組みとしてどこシル伝言板®が紹介されております。

山形県鶴岡市は2020年8月よりどこシル伝言板の運用を開始しております。

【掲載情報】
鶴岡市広報誌「広報つるおか」8月号
「特集 認知症になっても安心して暮らせるまち (PDF:575KB)」

過去の記事

  1. 11.162020

    【締結式/東京都世田谷区】世田谷区見守り協定の締結式に出席しました

    東京都世田谷区と東邦薬品㈱の高齢者見守り協定 締結式が行われました  世田谷区では、支援が...

  2. 11.102020

    【締結式/三重県鈴鹿市】SUZUKAまるごとアイネットの締結式に出席しました

    地域における見守り活動等に関する協定 (SUZUKAまるごとアイネット) 締結式に出席しました ...

  3. 11.62020

    【テレビ放映/NHK】「おはよう日本」にてどこシル伝言板が紹介されました

     2020年11月6日(金)放映のNHK全国放送「おはよう日本」において、どこシル伝言板が紹介されま...

ページ上部へ戻る