お知らせ

9.22020

【掲載情報/山形県鶴岡市】「荘内日報」にてどこシル伝言板®が取り上げられました

荘内日報(2020年9月2日掲載)において、山形県鶴岡市で導入となりました、認知症高齢者・障がい者等保護情報共有サービス『どこシル伝言板®(特許出願中)』が取り上げられました。

記事内では、 どこシル伝言板についての仕組みや手順、併せて発見者が読み取ったあと表示される個人基本情報(既往症等)も紹介されています。

また、関係各所が集まった情報交換会では、どこシル伝言板のシールの活用や仕組みについて確認。警察署員による認知症高齢者への声掛け対応訓練では、署員扮する高齢者に参加者が声を掛けたり、警察署へ通報する訓練など実施されました。

【掲載情報】
荘内日報(2020年9月2日掲載)
新たな見守り体制 「QRコードシール」サービス導入 発見者と家族つなぐシステム
※同日紙面表1面にも掲載

■山形県山形県鶴岡市
SOS見守りネットワーク「ほっと安心」つるおか
https://www.city.tsuruoka.lg.jp/smph/kenko/kaigo/ninchisho/hottoansinmimamori.html

過去の記事

  1. 3.132022

    【掲載情報/山形県/山形新聞】山形県内の取り組みとして紹介されました

     山形新聞(2022年3月13日掲載)にて、山形県内でのICT(情報通信技術)を活用し、早期発見に向...

  2. 3.122022

    【掲載情報/さいたま市/埼玉新聞】どこシル伝言板導入の記事が掲載されました

     埼玉新聞(2022年3月12日掲載)にて、埼玉県さいたま市で導入となりました「さいたま市認知症高齢...

  3. 2.142022

    【掲載情報/長野県諏訪市/信濃毎日新聞】見守りシール配付として掲載されました

     信濃毎日新聞(2022年2月13日掲載)にて、長野県諏訪市で導入している見守りシール事業(認知症高...

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!