お知らせ

9.72020

【掲載情報/広島市】「中国新聞」にてどこシル伝言板®が取り上げられました

 中国新聞(2020年9月7日掲載)において、すでにどこシル伝言板を導入、運用されている広島市について取り上げていただきました。

 記事内では、 効果をより発揮できるよう、広島広域都市圏協議会の加盟自治体に向けて、広島市が連携を提案し、近隣3市4町が協力することになったことが紹介されていました。

 行方不明になって越境し発見されることは多く、このように近隣の自治体が連携することで、より早期の保護へと繋がります。
 今回連携する府中町は、本年度中にどこシル伝言板を導入予定です。

【掲載情報】
中国新聞(2020年9月7日掲載)
広島市、広島・山口県の7市町と連携 認知症高齢者の身元をQRで確認
※同日紙面にも掲載

■広島県広島市
広島市はいかい高齢者等SOSネットワーク
https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/ninchisho/108850.html

過去の記事

  1. 3.132022

    【掲載情報/山形県/山形新聞】山形県内の取り組みとして紹介されました

     山形新聞(2022年3月13日掲載)にて、山形県内でのICT(情報通信技術)を活用し、早期発見に向...

  2. 3.122022

    【掲載情報/さいたま市/埼玉新聞】どこシル伝言板導入の記事が掲載されました

     埼玉新聞(2022年3月12日掲載)にて、埼玉県さいたま市で導入となりました「さいたま市認知症高齢...

  3. 2.142022

    【掲載情報/長野県諏訪市/信濃毎日新聞】見守りシール配付として掲載されました

     信濃毎日新聞(2022年2月13日掲載)にて、長野県諏訪市で導入している見守りシール事業(認知症高...

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!