お知らせ

1.192022

【山形県遊佐町】認知症サポーター講習でどこシル伝言板紹介

 2021年12月にどこシル伝言板をご導入いただいている山形県遊佐町で啓発活動が進んでいます。
先日、認知症サポーター研修が行われ、リアルな寸劇で楽しくわかりやすくどこシル伝言板が紹介されたそうです。
遊佐町は、高齢者率も高いので、広く周知が進むよう、共創未来グループ一丸となり、周知・啓発活動をサポートしてまいります。

【山形県遊佐町】
遊佐町地域包括支援センター【ゆうすい】  TEL:0234-71-2130

過去の記事

  1. 3.132022

    【掲載情報/山形県/山形新聞】山形県内の取り組みとして紹介されました

     山形新聞(2022年3月13日掲載)にて、山形県内でのICT(情報通信技術)を活用し、早期発見に向...

  2. 3.122022

    【掲載情報/さいたま市/埼玉新聞】どこシル伝言板導入の記事が掲載されました

     埼玉新聞(2022年3月12日掲載)にて、埼玉県さいたま市で導入となりました「さいたま市認知症高齢...

  3. 2.142022

    【掲載情報/長野県諏訪市/信濃毎日新聞】見守りシール配付として掲載されました

     信濃毎日新聞(2022年2月13日掲載)にて、長野県諏訪市で導入している見守りシール事業(認知症高...

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!