お知らせ

8.242017

読売新聞 全国版 夕刊に取り上げられました

2017年8月18日(金)の読売新聞全国版夕刊に、弊社独自開発の認知症高齢者徘徊保護情報共有サービス「どこシル伝言板®(特許出願中)」が取り上げられ、
本年諸自治体におきまして本格運用が開始した旨、ご紹介いただきました。
なお本サービスは、埼玉県日高市が全国に先駆け、昨年から導入されています。
また、読売新聞のご担当記者様には、宮城県石巻市(同月正式導入済み)での「徘徊模擬訓練」に同行取材のうえ当記事のご執筆をいただきました。

 

過去の記事

  1. 3.132022

    【掲載情報/山形県/山形新聞】山形県内の取り組みとして紹介されました

     山形新聞(2022年3月13日掲載)にて、山形県内でのICT(情報通信技術)を活用し、早期発見に向...

  2. 3.122022

    【掲載情報/さいたま市/埼玉新聞】どこシル伝言板導入の記事が掲載されました

     埼玉新聞(2022年3月12日掲載)にて、埼玉県さいたま市で導入となりました「さいたま市認知症高齢...

  3. 2.142022

    【掲載情報/長野県諏訪市/信濃毎日新聞】見守りシール配付として掲載されました

     信濃毎日新聞(2022年2月13日掲載)にて、長野県諏訪市で導入している見守りシール事業(認知症高...

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!